環境科学研究所 トピックス

法改正、新規対応項目、キャンペーンなどの最新情報をお伝えいたします。

2020年12月22日
から 環境科学研究所
0件のコメント

異物撲滅キャンペーン実施中!

データベース構築”無料” サービス実施中!
上記サービスは通常期間も行っておりますが、是非、お値打ちなこの機会を
ご活用ください!

②FT-IRコースにおいて、
混入する可能性のある物質(潤滑油、包装容器等)をお持ちいただければ、
無料で赤外吸収スペクトルを測定し、データを蓄積いたします
事業者様の “異物撲滅” に環境科学研究所は一体となってご協力いたします。

事業者様ごとに異物として混入する可能性のある製品(工場内で使用する物など)の情報を蓄積し、オリジナルデータベースを構築するサービスを実施しています!!

異物検査したいサンプルと一緒に、混入する可能性のある物質(潤滑油、包装容器等)をお持ちいただければ、ご依頼者様ごとの赤外吸収スペクトルのデータベースをお作りいたします。
赤外吸収スペクトルは物質固有のものであり、例えば樹脂A、樹脂Bのどちらが混入したのか見た目ではわからない場合でも、赤外吸収スペクトルをみれば判別が可能です。
一度測定しておけば、次回からはデータベースの中から混入する可能性のある物質を簡単に検索できます。
事業者様ごとのオリジナルデータベースを構築することで、検査費用を抑え、速やかに物質を特定することが可能になります。
是非、当社のデータベース構築サービスをご活用ください。

株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

2020年12月22日
から 環境科学研究所
0件のコメント

アスベスト調査・分析のご案内

建築物石綿含有建材調査者による現地調査から分析まで、一括してご注文いただけます。 公定法(JIS A 1481-1:2016)に基づいた方法で、正確な分析結果をご提供いたします。電子顕微鏡(SEM)によるサポートで、微細なアスベスト繊維も見逃しません。


株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

2020年12月14日
から 環境科学研究所
0件のコメント

Zoomで受講! HACCP責任者研修(WEB版)のご案内(集合学習2021年3月11日~3月12日)

HACCP責任者研修のWEB版の開催日程をご案内いたします。

新型コロナウイルス感染に不安を感じられている方が多いと思います。そんな方々のために、環境科学研究所ではZoom(WEB会議システム)による集合学習を組み込んだ100%オンラインのHACCP責任者研修(WEB版)を開催いたします。

講義8つをWEBで受講し、集合学習(HACCPプラン作成演習)はZoom(WEB会議システム)にて実施いたします。

厚生労働省の“HACCPに基づく衛生管理”に該当します。コーデックスHACCPをふまえた衛生管理計画を作成する力を身に付けます。

本研修は「愛知県HACCP導入施設認定制度」における「HACCPについての専門的な知識及び技術を有する者」を養成するための研修として認められた内容となっています

【WEB講義聴講期間】

2021年1月16日(土)~3月4日(木)

※期間内に確認テストに合格する必要がありますので、お早めの聴講をお勧めします。

【Zoomによる集合学習】

2021年3月11日(木)~3月12日(金)

<研修の特徴>

・厚労省「HACCPシステムについての相当程度の知識を持つと認められる者」を育成。

・グループで一つではなく、個別にHACCPプランを作成していただきます。そして、講師がひとり一人にきめ細かい指導をすることで、修了者全員の理解を確実にします。

・思考の過程を重視するプログラムを採用することで、実践的な応用力を育成します。

・本研修では単に知識を詰め込むだけではなく、自社に戻って実際に活用できるようになっていただくため、講師がひとり一人の理解度に合わせて徹底指導いたします。 

【受講料】

50,000円

詳細のご案内はこちら

◎HACCP責任者研修(WEB版)の詳細はこちらをクリック


株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

2020年11月6日
から 環境科学研究所
0件のコメント

WEB研修に変更となりました。名古屋開催「HACCP責任者研修」のご案内(愛知県後援事業:2021年2月13日~2月21日)

HACCP責任者研修の名古屋での開催日程をご案内いたします。

本研修は愛知県後援事業となっています。

厚生労働省の“HACCPに基づく衛生管理”に該当します。コーデックスHACCPをふまえた衛生管理計画を作成する力を身に付けます。

【開 催 日】

令和3年2月13日(土)、2月20日(土)、2月21日(日)

週末3日間の研修になります。

<研修の特徴>

・厚労省「HACCPシステムについての相当程度の知識を持つと認められる者」を育成。

・グループで一つではなく、個別にHACCPプランを作成していただきます。そして、講師がひとり一人にきめ細かい指導をすることで、修了者全員の理解を確実にします。

・思考の過程を重視するプログラムを採用することで、実践的な応用力を育成します。

・本研修では単に知識を詰め込むだけではなく、自社に戻って実際に活用できるようになっていただくため、講師がひとり一人の理解度に合わせて徹底指導いたします。 

【開催場所】

〒462-0006 名古屋市北区若鶴町152番地 株式会社環境科学研究所 食品分析センター

【受講料】

3日間で50,000円

詳細のご案内はこちら

◎名古屋開催HACCP責任者研修の詳細はこちらをクリック


株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

2020年10月9日
から 環境科学研究所
0件のコメント

Zoomで受講!HACCPの考え方を取り入れた衛生管理研修(WEB版)のご案内(2021年1月30日)

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理研修(WEB版)の開催日程をご案内いたします。

新型コロナウイルス感染に不安を感じられている方が多いと思います。そんな方々のために、環境科学研究所ではZoom(WEB会議システム)による100%オンラインのHACCP研修を開催いたします。

今回は、平日のご参加が難しい方のために週末セミナーをご用意しました。

小規模事業者様、飲食店様向けの内容となっております。

厚生労働省の“HACCPの考え方を取り入れた衛生管理”に該当します。

1日完結コースとなり、衛生管理計画を作成する力を身に付けます。

【開催日】

2021年1月30日(土) 

【受講料】

8,000円

詳細及びお申込みについては下記URLをご確認ください。

http://www.kankyokagaku.com/seminar_intro/#eisei_order


株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

2020年9月29日
から 環境科学研究所
0件のコメント

Zoomで受講! HACCP責任者研修(WEB版)のご案内(集合学習2020年12月8日~12月9日)

HACCP責任者研修のWEB版の開催日程をご案内いたします。

新型コロナウイルス感染に不安を感じられている方が多いと思います。そんな方々のために、環境科学研究所ではZoom(WEB会議システム)による集合学習を組み込んだ100%オンラインのHACCP責任者研修(WEB版)を開催いたします。

講義8つをWEBで受講し、集合学習(HACCPプラン作成演習)はZoom(WEB会議システム)にて実施いたします。

厚生労働省の“HACCPに基づく衛生管理”に該当します。コーデックスHACCPをふまえた衛生管理計画を作成する力を身に付けます。

本研修は「愛知県HACCP導入施設認定制度」における「HACCPについての専門的な知識及び技術を有する者」を養成するための研修として認められた内容となっています

【WEB講義聴講期間】

2020年10月16日(金)~11月30日(月)

※期間内に確認テストに合格する必要がありますので、お早めの聴講をお勧めします。

【Zoomによる集合学習】

2020年12月8日(火)~12月9日(水)

<研修の特徴>

・厚労省「HACCPシステムについての相当程度の知識を持つと認められる者」を育成。

・グループで一つではなく、個別にHACCPプランを作成していただきます。そして、講師がひとり一人にきめ細かい指導をすることで、修了者全員の理解を確実にします。

・思考の過程を重視するプログラムを採用することで、実践的な応用力を育成します。

・本研修では単に知識を詰め込むだけではなく、自社に戻って実際に活用できるようになっていただくため、講師がひとり一人の理解度に合わせて徹底指導いたします。 

【受講料】

50,000円

詳細及びお申込みについては下記URLをご確認ください。

 http://www.kankyokagaku.com/seminar_intro/#sekinin_order


株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

2020年8月31日
から 環境科学研究所
0件のコメント

名古屋開催「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理研修」のご案内(愛知県後援事業:令和2年11月21日)

「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理研修」の名古屋での開催日程をご案内いたします。

本研修は愛知県の後援事業となっています。

厚生労働省の“HACCPの考え方を取り入れた衛生管理”に該当します。

1日完結コースとなり、衛生管理計画を作成する力を身に付けます。

小規模事業者様、飲食店様向けの内容となっております。

詳細及びお申込みについては下記URLをご確認ください。

http://www.kankyokagaku.com/seminar_intro/#eisei_order


株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

2020年8月3日
から 環境科学研究所
0件のコメント

水資源機構の発注業務「岩屋ダム貯水池外水質調査業務」において「優良業務表彰」、「優良技術者表彰」を同時受賞!

この「優良業務表彰」、「優良技術者表彰」は、その成果が特に優秀で業務成績の評価点が高く、技術的に高度で複雑なものや、優れた提案等の創意工夫を行った技術者を発注者が表彰するものです。

当社は計量証明だけでなく環境調査にも強みを持った事業展開により当社事業の特色・強みを発揮してきたことが表彰として認めらました。


株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

2020年6月23日
から 環境科学研究所
0件のコメント

水道水、環境水中のPFOS/PFOA分析体制を確立!

 有機フッ素化合物のうち、ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)やペルフルオロオクタン酸(PFOA)は安定な構造をしているため環境中で分解されにくく、高い蓄積性も有するため、国内外で規制が検討されています。

 水道水におけるPFOS、PFOAについては、令和2年3月23日に開催された厚生科学審議会(厚生労働省)を経て、同年4月1日より、水道水質に関する基準等における位置づけが「要検討項目」から「水質管理目標設定項目」に変更されるとともに、「PFOS及びPFOAの合算値で50ng/L以下」とする暫定目標値が適用されることになりました。

 一方、環境省から水環境の「要監視項目」であるPFOSとPFOAについて全国計171地点の地下水などの含有量の調査結果が公表されました。そのうち、1都2府10県の37地点で国の暫定的な指針値(50ng/L)を超えていることが判りました。

 当社では既にLC-MS/MSによる分析技術を確立していますので、水質調査の際にはお気軽にご相談ください。

<参考>
環境省調査結果 : http://www.env.go.jp/press/108091.html


株式会社環境科学研究所のホームページはこちら