環境科学研究所 トピックス

法改正、新規対応項目、キャンペーンなどの最新情報をお伝えいたします。

水道水、環境水中のPFOS/PFOA分析体制を確立!

 有機フッ素化合物のうち、ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)やペルフルオロオクタン酸(PFOA)は安定な構造をしているため環境中で分解されにくく、高い蓄積性も有するため、国内外で規制が検討されています。

 水道水におけるPFOS、PFOAについては、令和2年3月23日に開催された厚生科学審議会(厚生労働省)を経て、同年4月1日より、水道水質に関する基準等における位置づけが「要検討項目」から「水質管理目標設定項目」に変更されるとともに、「PFOS及びPFOAの合算値で50ng/L以下」とする暫定目標値が適用されることになりました。

 一方、環境省から水環境の「要監視項目」であるPFOSとPFOAについて全国計171地点の地下水などの含有量の調査結果が公表されました。そのうち、1都2府10県の37地点で国の暫定的な指針値(50ng/L)を超えていることが判りました。

 当社では既にLC-MS/MSによる分析技術を確立していますので、水質調査の際にはお気軽にご相談ください。

<参考>
環境省調査結果 : http://www.env.go.jp/press/108091.html


株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

コメントは受け付けていません。