環境科学研究所 トピックス

法改正、新規対応項目、キャンペーンなどの最新情報をお伝えいたします。

異物撲滅キャンペーン実施中!

データベース構築”無料” サービス実施中!
上記サービスは通常期間も行っておりますが、是非、お値打ちなこの機会を
ご活用ください!

②FT-IRコースにおいて、
混入する可能性のある物質(潤滑油、包装容器等)をお持ちいただければ、
無料で赤外吸収スペクトルを測定し、データを蓄積いたします
事業者様の “異物撲滅” に環境科学研究所は一体となってご協力いたします。

事業者様ごとに異物として混入する可能性のある製品(工場内で使用する物など)の情報を蓄積し、オリジナルデータベースを構築するサービスを実施しています!!

異物検査したいサンプルと一緒に、混入する可能性のある物質(潤滑油、包装容器等)をお持ちいただければ、ご依頼者様ごとの赤外吸収スペクトルのデータベースをお作りいたします。
赤外吸収スペクトルは物質固有のものであり、例えば樹脂A、樹脂Bのどちらが混入したのか見た目ではわからない場合でも、赤外吸収スペクトルをみれば判別が可能です。
一度測定しておけば、次回からはデータベースの中から混入する可能性のある物質を簡単に検索できます。
事業者様ごとのオリジナルデータベースを構築することで、検査費用を抑え、速やかに物質を特定することが可能になります。
是非、当社のデータベース構築サービスをご活用ください。

株式会社環境科学研究所のホームページはこちら

コメントは受け付けていません。